必要なものは自然に取り入れるようになっているのだと思ったこと

もともと体が丈夫ということが大きな財産と考えるタイプだからか、風邪などもめったにひくことはありません。
流感などが流行って職場の周りの人がどんどん休まなければいけなくなって、いよいよ自分もと思っていても何事もなくすんでしまうことがよくあります。

ところがやっぱり自信過剰ということだったのでしょうか、思いがけないときになって風邪を引いてしまいました。
ちょっと喉が痛いかなというくらいで「これくらいならいつもの通りのやり方で押しきれる」と思っていたのが間違いでした。
あっという間に熱が高くなり身体の節々が痛くなって動けなくなってしまったのです。
喉が痛いので、ちゃんとした栄養のあるものを食べることができず今回はすっかり参ってしまいました。
お医者さんからいただいたお薬も何か食べなければ飲むことができません。

そんなときに夫が買ってきてくれたのが「マヌカハニー」でした。
「殺菌作用が強いしハチミツは栄養があるから」というのが理由です。
マヌカハニーの殺菌力は抜群ということを聞いたのでしょう、せっかくハチミツを買うならこれにしようと買ってきてくれたのです。
20160803g
心遣いはありがたいと思ったのですが、ちょっと困ってしまいました。
マヌカハニーは以前話題になったときに張り切って買ったことがあります。
美容にも健康にもいいというものですが、ちょっと風味がキツイので私も家族もなかなか食べきれなかったものです。
夫もそれを覚えているはずなのに、「喉が痛い風邪ならハチミツ・せっかくだからパワーの強いマヌカハニーを。」ということになったようでした。

私の体調を心配してくれたことが嬉しいので、「前にマヌカハニー買ったけど、大変だったよね。」とは言えませんでした。
とにかく「これを使ってみよう。」と勧めてくれるので、温かい紅茶を用意してもらってからマヌカハニーを入れることにしました。
夫も「せっかくだから一緒に飲む。」ということで二人ならんで恐る恐る飲んでみました。

ところが不思議なことに前回ちょっとキツイな、と感じた味が今回は割合すんなりと飲むことができたのです。
今回は普通の紅茶ではなくて、アップルティーにしたのがよかったのでしょうか。
それとも私の体調がどん底で、身体のほうでマヌカハニーのパワーを必要としていたのかもしれません。
身体に染み渡るとはこのことか、と思ってしまったくらいにじんわりと温まってきました。
痛い喉にもゆっくりと流れていく感じで、久しぶりにこわばった全身の筋肉がふんわりする気持ちがしたのです。

風邪を引いていない夫のほうは「あれ、ちょっとこのハチミツ飲みにくいな。」と言っていました。
だからやっぱり体調のせいかもしれません。

これがきっかけになって少しずつお豆腐のようなものから食べられるようになってきました。
そうするとお薬もきちんと飲むことができるようになって、どんどん回復してきたのです。

マヌカハニーは健康のために普段から使っている人も多いそうですが、合う・合わないの個人差があるといいます。
私のように普段から健康が売り物のような頑健さのあるタイプはマヌカのようなパワーのあるものは必用ないのかもしれません。
ところが風邪を引いたりして普段のパワーががっくりとおちこんでしまうと、助けが必要になって以前飲みにくいと思ったものも受け入れやすくなるのかと思います。

「人間の身体ってよくできているなあ」と今更ながら感心してしまいました。風邪が回復した今はマヌカハニーの出番はありませんが、また「あ、風邪を引いたかな」
と怪しくなったら頼ろうと思います。
もちろん組み合わせはアップルティーにします。
やっぱり自然からもらうパワーは一番の特効薬なのだと思った出来事でした。

初めての相続手続きで行政書士の方にお世話になっています

20160803f
5月父を亡くしました。
幸い今まで遺産に関わる親族を亡くしたことがありませんでした。
特に入院中とはいえ、急変した末のことで何の準備もしておりませんでした。
あれよあれよと葬儀を終え、お寺からも葬儀社からも領収書はあとで必要になりますから言われ・・・初めて相続手続きが必要だ!と我に返りました。

慌てて経験者に相談したところ、自分でもやろうと思えば出来ないことはないけれどものすごく大変だから、普通は行政書士事務所にお願いするよ、と。
早々に行政書士事務所を紹介していただきました。

都内のオフィスビルのワンフロアにある事務所は、エントランスもおしゃれ。
不安でドキドキの私達に笑顔の女性が現れ、案内されて打合室へ。
対応していただいた行政書士の方からまずお悔みの言葉をいただきました。
やはりプロです。
これから何をいつまでにしなければならないか。
行政書士事務所で対応していただけること、相続人がしなければならないこと。
的確にわかりやすく、よどみなく説明していただけました。

いただいた資料は”相続税申告必要書類”。

1.財産関係 (土地・家屋・現金預貯金・ゴルフ会員権・書画、骨董類 等々)
2.債務関係 (借入金・未払い金・葬儀費用 等々)
3.身分関係 (遺言書・遺産分割協議書・被相続人の除籍謄本・各相続人の戸籍謄本、住民票、印鑑証明 等々)
4.その他  (親族関係図 等々)

リストになっているので、あるもの、ないものを上からチェックしていきました。
その上で、相続人が用意しなければならないものを指示されました。

行政書士事務所で用意出来る書類が多いことがわかりました。
行政書士や司法書士の権限で戸籍謄本や住民票がとれることを初めて知りました。
通常役所窓口で本人確認がないと取得出来ない書類も用意していただけるそうです。さすが国家資格と実感しました。

現況は必要書類を準備中です。
まだまだ今後も行政書士の方のお世話にならなければなりません。
しかし、順調に手続きは進んでいます。
行政書士事務所にすぐ相談して本当に良かったと思っています。

債務整理や相続などの手続きは、やはりプロの行政書士の先生にお任せするべきですね。

軽自動車でもクーペっぽいのに乗りたい!

160428

私の好きな車はセダン、ミニバン、クーペです。
自動車学校で、教習車がクラウンだったので、そこからですかね、セダンに惚れたのは。
街で新しいクラウンとかを見るとテンション上がります。
でもアスリートよりロイヤル派です。

ミニバンだとベルファイア。
なぜ最新のベルファイアは四目ではなくしてしまったんだろう…。
あの四目がかっこよかったのに(´・ω・`)

あとクーペだと古いですがFTOとか。
カッコ良いです。
ライトの下の…なんていうんですかね、空気を通す穴?の所が好きです。
あそこの部分が穴が多ければ多い程好きですw
(ちょっとかわってるねってよく言われるけど)

でも現実考えるとやっぱり軽自動車…。゜(゜´Д`゜)゜。
だって税金高いんだもん!!
お金ないもん!!!
降ってこい金!!

そこで考えたのだ。
軽自動車でクーペぽいのにすればいいんじゃね?
現在ある車種で探すと、ビート、カプチーノ、コペン…。
ビートは確かMTだけなんですよね。
私AT限定!!。゜(゜´Д`゜)゜。
乗れない!!!
こんなことになるなら自動車学校でMTとっておけば良かったよ…。
たった1万の違いだったのに…。
そうするとカプチーノかコペンかぁ…。
新しいコペンかっこいいなぁ…。
高いなあ…。

そ、そのうち中古ででるよね!!!
始めはやっぱ中古でも高いだろうけど…ーー;
顔面いかついの好きなんです。

って消去法だとやっぱカプチーノか…。
ちょっと古いけど…まぁいっか♪

カプチーノ改造して乗ってる人って結構多いらしいですね。
目の周りをちょっと変えると大分印象もかわりますし。
カプチーノだったら中古の値段もお手頃w

いいんではないか!?
きまってきたんではないか!?

中古のカプチーノを改造して乗る!
いいないいなぁw

中古車のアプリを携帯に入れてるんですけど、時々買うわけでもなく車をよくそれで探しています。
もう見てるだけで楽しい!

それでカプチーノ探してみよう。
HDDナビも付けよう。
乗っけられるかな?
あと出来れば塗装したい…。
いい色がないぃ…。
安いカプチーノ買えば少しは塗装代に回せるよね^^;”

錆だらけの車を鈑金してパテ埋めして塗装する

160428a
30年ほど前のジムニーを持っていて、鈑金・パテ埋め・塗装をしました
中古で友人から買ったものですが全てのフェンダーと運転席の床、荷室のふちが錆で穴が開いている状態でした。
まずは錆を落とすためにグラインダーで削り、ハンマーとたがねで叩いて剥がしてといった感じで錆を落としていきました。
フェンダーなどはある程度錆が綺麗に落ちましたが、荷室の床はかなりサビが進行していたので適当なところで止めにして橋梁用の強力な防錆剤を塗りました。
フェンダーと運転席の床は防錆剤を塗った後にステンレスの板を形に合わせて切り出してから位置をあわせて穴を空けてリベットで固定していきました。

ここでようやく錆穴に関しては一応ふさぐことが出来ました。
書くとこれだけなんですが結構な手間で大変でした。
次にフェンダーにパテを盛っていきます。
ステンレスの板とボディの合わせ目に押し込むようにしてパテを入れていきます、そしてその上に更にパテを盛っていきましたが、このパテがプロ用の強力なタイプでとにかく盛りにくくしかも中々乾かないため作業がはかどりませんでした。
しかも乾いてからは削るのも大変で苦労しました。
途中でこのパテが足りなくなり安い市販のパテも使用しましたが、こちらは盛るのも楽なら削るのも楽でした、しかし結果的には安いパテを使用した部分と耐久性が全然違ったのです。

このプロ用のパテは残念ながら現在では手に入らなくなってしまいました。
そして平面を削るためのサンダーも購入してひたすらパテを削り平らになるようにしました。
そしてなんとかフェンダー4枚ともパテを盛り&削り&ある程度の面を出ました。
ここで取り敢えずプライマーを吹いて、簡単に塗装もしました。
パテやプライマーのまま放置すると水分を吸収してしまうための処置です。
小さな錆や削れない部分には「ノックスドール」と呼ばれる浸透防錆剤を塗布してこれ以上の錆の進行を食い止めるようにしています。
最近もフレームの錆を発見して処理をしたところですので見つけたらまた削って直して永く上手く付き合っていければと思っています。

今日は午後からトランペットの練習がある

160406k
今日は午後3時から1時間トランペットの練習があります。
作詞作曲家の先生のスタジオで月に3回の練習をしています。
練習のメンバーはフルード、大正琴、エレキギター、電子ピアノで、先生のオルガンに合わせて練習します。

私は64歳の春から練習を始めてこの5月でまる2年になります。
楽器の素養が全くなかった私ですが、先生にうまく乗せられてしまって2年間経ちました。
この間72回の練習日があったわけですが、71回出席しました。
休んだ1回はお葬式のためだけでした。

3か月に1回ミニコンサートで発表します。毎回新しい曲3曲を演奏します。
今練習している曲は今月の発表会で演奏します。
「高校三年生」、「好きになった人」、「大阪ラプソディー」です。
大阪ラプソディーは2拍子で速さは111です。
トランペットのバルブを叩くように抑えないと、曲のスピードに乗り遅れてしまいます。
その感覚がなかなか掴めなくて、悪戦苦闘中ですが、そのうちマスターできるだろうと楽観視しています。

2年間やって思うことは、楽器は根気よく毎日1時間練習すれば何とかものになるということです。
その間に周期的に、楽しさ、苦しさ、希望などがやってきます。
練習すれば何とかなるということを信じて挑戦すれば、きっと何とかなるというのが私の信念になりました。

音符が全く読めなかった私でしたが、この期間で人並み以上になりました。
私にもできるのだからあなたもきっとできますと、練習仲間を誘うときに言っています。
トランペットがある程度マスターできたら違う楽器をやりたいと思っています。

パソコンのお手入れをはじめました

私はパソコンにあまり詳しくありません。
なので、デスクトップパソコンをもっているのですがパソコンというのはなにもいじらなくていいと思っていました。
つまり、パソコンはなにかダウンロードしたりインターネットを使うなどシステムは利用していましたが本体の箱状の入れ物(ハード)は置いておくだけでいいものだと放って置いたままということです。
私にとって本体は電源をいれるだけのものでときどきソフトを入れるのに使うくらいだったのです。
ハードをいじるのは専門知識のある人というイメージがありました。

あるとき、パソコントラブルでとうとうおかしくなりました
電源を入れてもグワングワンモーター音がするだけでしまいにはピーと音がなります。
何度電源をいれてもこの状態が直らないので、しかたなしに購入した店に修理に出すためにいきました。
なにが悪いのかわからないのでモニターなどパソコン一式もっていきました。
店員の方がとりあえずパソコンの状態を見ますということでパソコンのふたを開けて中を確認して空気のスプレーのようなものを中にかけはじめました。
私は、「ん?あれはなんだ?はじめてみるぞ。ほとりがすごくでてきた。パソコンの掃除なのか?」とはじめてみる新しい発見に興味を持ちました。
それが終わるとその場で私の液晶モニターと本体をつなぎ起動できるか試していました。
「あ、つきますね。大丈夫なようですよ。」たいした時間もかけずにその店員の方は私のパソコンを簡単に直してしまったのです。
修理代もとられずに時間もかけないで直してもらったので、あーこの店で購入してよかった。
またこの店で買おうと思いました。

普通に修理にだせばダンボールで業者に送り、修理待ちの待機でどれけかかることか。
さらに修理されて送られて軽く二週間以上はかかるでしょう。
そしてお金もかかる。大変です。
しかし、今回は助かりました。
家に帰ってパソコンを起動してみれば確かに店員の方が言っていたように直っている!前のように使えます。
ご機嫌にまたパソコンを使用しはじめた私ですが困ったことにまた一年半くらいたったころに同じ状態になりました。
これはまた前と同じではないかと思いまた前の店に修理にいくのも面倒だし店員に手間をかけさせるのもかわいそうなので自分でなんとかできないかと考えました。
電気製品を専門に扱っている店で同じような商品を探すとありました。
エアダスターというらしくそれを買って家に帰りはじめて自分のパソコンのふたを開けました。
すごいほこりした。

ほこりでもパソコンが動かない原因になるんですね。
しかし、そのエアダスターを使いながら浮き上がったほこりを掃除機できれいにすると私のパソコンは動くようになったのです。
これからもときどき掃除する必要性を感じた瞬間でした。

相手の喜ばないギフトはただの嫌がらせ

20160226a
結婚後、イベント毎にある両親への贈り物について悩んでいました。
我が家では、他の人の家に遊びに行く際は、必ず手土産を持っていく事、お世話になった人には必ずお礼をお返しする事、厳しく言われていたので、小学校の時から、友達の家に行く時は、必ず何かを持参していきました。
結婚してからは、各それぞれの両親の誕生日、それぞれの父の日、母の日、バレンタインデー、お中元、お歳暮は、いつもお世話になっているお礼に送るものだと教わりました。

先に結婚した妹は、全て言われた通り、時期になると手配していた事も、私自身が結婚した事で知りました。
仕事もしていて忙しいと言えば言い訳になりますが、毎月のように誰か用のギフトを考えるのが大変だな~と思っていた頃、義理の母から、『もう家族なんだから、こういうのはやめてほしい』と言われました。
以前から、家にお邪魔する際に持っていく手土産にも、『次はいらないからね』と毎回言われていたんですが、自分の母からはきつく言われており、実際に自分の実家に帰る時も、勿論何か持っていくため、片方だけ持っていく…なんて事に気が引けてしまいました。
母にその旨相談すると、『遠慮してくださってるに決まってるじゃない。渡してさえおけば、悪い気する人いないわよ』と言われ、確かに『いつも手ぶらだ』と思われるよりは、そっちの方がいいと思い、次回以降も、義理の両親に会う際は手土産を持っていく事にしました。

実際持っていくと、義理の母は私の紙袋を見つけるなり、『ちょっと!いらないって言ったでしょ!受け取らないからね!』と言われてしまったので、『手土産じゃないです、美味しいから私が食べたくて買ってきたんで、一緒に食べませんか?』という事にして、難を逃れました。
その後も、同様の方法で、手土産を持っていきましたが、結局、誕生日、お中元、お歳暮などイベントが続き、その度、手配して送っていたところ、とうとう旦那へ、『やめてほしい!て何度も言ってるのにやめてくれない。あんたからやめるように言って』と連絡が入ったらしく、旦那からも『もういいよ』と止められてしまいました。

細かい母からは、『向こうのご両親には何を送ったの?』『お歳暮は○日までよ』などと、ちょくちょく連絡がきます。
頭を悩ませていたので、自分の母と同年代の会社の先輩方に、事情を話して相談したところ、『今時、そんな事やってる人いないよ!』と驚かれました。
また、『私は、義理のお母さんの気持ちわかる』と、義理の母の意見に賛同する人がとても多かったんです。
『貰ったら何か返さなきゃいけない気がして気を遣う』『他人じゃないんだから必要ない』『一緒に食事した方がいい』『夫婦二人しかいないのにもらっても困るものもある』など、世間一般的には、お世話になっている人に贈って喜んでもらえると思っていたギフトが、意外とそうではない事を知って、ビックリしました。

『相手が喜ばないギフトはただの嫌がらせ』と言われたのが、一番の衝撃でした。
確かに望まないギフトをずっともらい続けるのは、苦痛かもしれないですね。
今後は、プレゼントの変わりに食事をご一緒したり、欲しいものを伺ってからのギフトを考えたいと思いました。

積極的に展開されるパソコンソフトの買取

近頃では、パソコンソフトの買取が積極的に実践される傾向が強く見受けられるようになってきているのではないかとみられています。
複数のパソコンショップなどにおいて、意欲的に中古のパソコンソフトが買取の対象に据えられるようになってきているため、不要になったパソコンソフトを持ち込む人が多数存在しているのではないかと推測されています。
様々なタイトルのパソコンソフトが買取の対象に選定されるようになっているため、気軽に売却できる状況が複数のエリアで確立されているのではないかと思います。

人によっては不要になったパソコンソフトを多数同時に店舗に持ち込むこともあり、そのような動向は普遍的なものとなり始めています。
パソコンソフトの買取に関する取り組みが強化されることによって、多くの人たちがパソコンソフトを売却したり、売られたパソコンソフトを欲しいと希望する人が購入できるようになったりするのではないかと考えられています。
そのため、このような流れが広域で広がりを見せることに対しては、強い期待が抱かれるようになるのではないかとみられています。
多岐にわたるジャンルのパソコンソフトが、活発に買取られるようになってきていると認識されるようになってきており、複数のパソコンショップなどでの買取事業の強化が実現されてきていると言えるでしょう。

今後も様々なタイトルのパソコンソフトの買取が、恒常的に実現されていくのではないかと思います。
これまでよりも買取対象に据えられるタイトルの数が多くなることにも期待が寄せられるようになり始めているため、関心の度合いも向上していくのではないでしょうか。
また、買取の対象になるパソコンソフトによって、価格設定にも違いが生じていくものとみられています。
このような点に関しても、実際にパソコンソフトを売却しようとする人々から強く注目されるようになるとみられており、一層強く興味が持たれるようになるのではないかと推測されています。

明日髪を染める!

よし!明日はいよいよ髪を染めますよ!ずっと楽しみにしていたんです。
というのも、以前染めてもらったのですがとても暗い色になってしまって、全く希望の色にならなかったのです。
かといってブリーチには抵抗があったし、そこまでして染めなくてもいいかと思い、色が抜けるまでずっとこの半年間待っていたのです。
もしこれでも色が上手く入らないかもしれないと言われれば、お金が結構かかるのでまたの機会で良いですと思いきって断るつもりですが、髪の状態を見てもらっていいよと言われたら、もう少し明るい色で染めるんです。
誰が見ても染めてるねって思われるくらいにはしないともったいないと思っています。

安い美容院でやったら失敗したので、今回は結構値段がかかるところでやります。
だから時間をとっていたこともあるのですが、今回は誕生日も近いということで出してもらえることになりました。
これは利用しない手はないですよね。

髪は人の印象をかなり左右するものの一つだと思うので、かなり重要なポイントになると思います。
面倒くさがりの私には一番手軽なオシャレで、一度染めたら何カ月も色が残るのは嬉しい限りです。
生憎明日予約した時間は雨が降りそうな予想だけど、綺麗に染まりますように。

やっぱり着物はいい!

112a
私は着物が好きです。
そもそも日本の文化が好きなのです。
神社やお寺の雰囲気も大好き、和食器も美しいと思うし、歌舞伎も好きだし、なんといっても着物は日本人にやっぱりピッタリな服装だと思います。
もともと浴衣が小さいころから大好きで、小学生の時から浴衣なら自分で着られました。
そして30代半ばになって、今まで好きだったブランドの服が似合わなくなり、母のお下がりの着物や、アンティークショップで見つけた安くてかわいい着物ばかり着ていた時期があります。
帯も本格的でなくて、半幅帯にしてしまって、帯締は使うのです。
そして羽織を着てしまえばOK!と考えると着物は楽ちんになります。
友達からは「着るのが大変そう」「どうやって保管しているの?」「汚したらどうしたらいいか分からない」などと最初は聞かれていましたが、この頃は私が着物で登場してもあまり驚きもせず「一緒にいると華やかになっていい」と喜ばれます。

そんな着物大好きな私には、小学校高学年の娘がいます。
背がだいぶ高くなってきたので、ちょっと身幅はあまりそうですが、母の着物でピンク色で若々しい雰囲気の物があったので着せてみました。
着物の良いところは、こうやって大切にしていればよっぽど身長が違わない限り3世代でも着用することが出来ることだと思います。
まったく古臭い印象もなく娘にとても似合っています。
その着物を着て、近所の氏神様のところにお参りにいきました。やっぱり神社に着物は合いますね。
たまたま着物姿のおばあちゃまも参拝にいらしていて、「可愛いわね、とても似合ってますよ」と声をかけられて娘はとても照れながらもうれしかったと言っていました。
母は離れて暮らしているので写真をとってメールしたところ、私がまだきちんと保管していた事と、孫がきてくれたことを、とても嬉しく思うと返事をくれました。ちょっと親孝行ができたかしらと思います。
娘にサイズが合うことが分かったので、これからはお芝居を見に行く時は親子で着物にします。