必要なものは自然に取り入れるようになっているのだと思ったこと

もともと体が丈夫ということが大きな財産と考えるタイプだからか、風邪などもめったにひくことはありません。
流感などが流行って職場の周りの人がどんどん休まなければいけなくなって、いよいよ自分もと思っていても何事もなくすんでしまうことがよくあります。

ところがやっぱり自信過剰ということだったのでしょうか、思いがけないときになって風邪を引いてしまいました。
ちょっと喉が痛いかなというくらいで「これくらいならいつもの通りのやり方で押しきれる」と思っていたのが間違いでした。
あっという間に熱が高くなり身体の節々が痛くなって動けなくなってしまったのです。
喉が痛いので、ちゃんとした栄養のあるものを食べることができず今回はすっかり参ってしまいました。
お医者さんからいただいたお薬も何か食べなければ飲むことができません。

そんなときに夫が買ってきてくれたのが「マヌカハニー」でした。
「殺菌作用が強いしハチミツは栄養があるから」というのが理由です。
マヌカハニーの殺菌力は抜群ということを聞いたのでしょう、せっかくハチミツを買うならこれにしようと買ってきてくれたのです。
20160803g
心遣いはありがたいと思ったのですが、ちょっと困ってしまいました。
マヌカハニーは以前話題になったときに張り切って買ったことがあります。
美容にも健康にもいいというものですが、ちょっと風味がキツイので私も家族もなかなか食べきれなかったものです。
夫もそれを覚えているはずなのに、「喉が痛い風邪ならハチミツ・せっかくだからパワーの強いマヌカハニーを。」ということになったようでした。

私の体調を心配してくれたことが嬉しいので、「前にマヌカハニー買ったけど、大変だったよね。」とは言えませんでした。
とにかく「これを使ってみよう。」と勧めてくれるので、温かい紅茶を用意してもらってからマヌカハニーを入れることにしました。
夫も「せっかくだから一緒に飲む。」ということで二人ならんで恐る恐る飲んでみました。

ところが不思議なことに前回ちょっとキツイな、と感じた味が今回は割合すんなりと飲むことができたのです。
今回は普通の紅茶ではなくて、アップルティーにしたのがよかったのでしょうか。
それとも私の体調がどん底で、身体のほうでマヌカハニーのパワーを必要としていたのかもしれません。
身体に染み渡るとはこのことか、と思ってしまったくらいにじんわりと温まってきました。
痛い喉にもゆっくりと流れていく感じで、久しぶりにこわばった全身の筋肉がふんわりする気持ちがしたのです。

風邪を引いていない夫のほうは「あれ、ちょっとこのハチミツ飲みにくいな。」と言っていました。
だからやっぱり体調のせいかもしれません。

これがきっかけになって少しずつお豆腐のようなものから食べられるようになってきました。
そうするとお薬もきちんと飲むことができるようになって、どんどん回復してきたのです。

マヌカハニーは健康のために普段から使っている人も多いそうですが、合う・合わないの個人差があるといいます。
私のように普段から健康が売り物のような頑健さのあるタイプはマヌカのようなパワーのあるものは必用ないのかもしれません。
ところが風邪を引いたりして普段のパワーががっくりとおちこんでしまうと、助けが必要になって以前飲みにくいと思ったものも受け入れやすくなるのかと思います。

「人間の身体ってよくできているなあ」と今更ながら感心してしまいました。風邪が回復した今はマヌカハニーの出番はありませんが、また「あ、風邪を引いたかな」
と怪しくなったら頼ろうと思います。
もちろん組み合わせはアップルティーにします。
やっぱり自然からもらうパワーは一番の特効薬なのだと思った出来事でした。

原因不明の体調不良には気功を試してみる

大人になって(^_^;)仕事をしていると…

「病気ではないはずだけどなぜか体が重い」
「疲れやすい」「元気がどうしても出ない」など、はっきりとした原因の(>_<)わからないトラブルに見舞われてしまうことがあります。
そうした症状が出てしまうと、朝起きた段階から体が(>_<)辛くてしょうがないなど、日常生活に支障をきたしてしまうことも珍しくないです。
具体的な病気がわかっていればそれに対する手立てを考えることもできますが、そうでない場合は手の打ちようがなく途方に暮れてしまうこともあります。

そんな原因不明の体調不良になってしまったときには、病院へ行くよりも気功を試してみるというのが!(^^)!良いです。
気の流れを整えることによって健康を保つ気功は体を元気にさせてくれる効果があります。

それに取り組んでいる人は日本全国にたくさんいるでしょうし、それだけ広まっているということはその効果が出ていることを示していると思います。

仕事で忙しいと健康のための教室に通うのは、時間的な余裕がなくてちょっと(;一_一)難しいかもしれません。
しかし、気功ならばそういう教室に通わなくても自分である程度はすることができますし、身近にいる誰かに教えてもらえればそれで十分です。
それによって効果が出るか出ないかが個人によって違うでしょうからはっきりしたことは言えませんが、何もしないくらいならばやってみたほうが(*^^)v良いと思います。
それによって体が元気になればなったで嬉しいですし、たとえそこまで目に見えた効果がなかったとしても害になるということはないですからしばらく続けてみる価値は十分あります。

それをずっと続けていけば習慣化してかなり健康には良いでしょうし、自分でも知らない内に体調不良が改善されるかもしれないのです。
気の流れというだいぶあいまいですから完全には理解できないことなのかもしれませんが、はっきりとした病気ではない以上そうした力に頼ることも大事で、一つの健康法として(*^_^*)注目されているのです。

放っておいたら駄目!逆流性食道炎!

最近、やたら胸焼けがするなゲップがたくさん出るな…と思っている人はいませんか?
ちょっと、疲れているのかなと胃薬を飲んで済ませていませんか

実は、これは逆流性食道炎の初期症状ということがあります。
「名前は聞いたことがあるけれど、そうたいした病気ではないんでしょう?」と思っている方もいるかもしれませんね。

でも、この逆流性食道炎を放おっておくと、後々、がんなどの別の病気を引きおこしてしまうことがあります。
ですから、逆流性食道炎の治療を受けることはとても大切です。

この逆流性食道炎にはどのような方がなりやすいのかご存じですか?
脂肪の多い食事や、日頃から食べ過ぎてしまう人、肥満の人には起こりやすいと言われています。

また健康な人であっても加齢とともに起こりやすくなるそうです。
ですから、誰でもかかる危険性がある病気だと言えます。
また、年をとって背中が丸く曲がっている方のも起こりやすいと言われています。

年をとると、目では確認できない内臓の筋肉も筋力が低下していきます。
食道にある食道括約筋の筋力が低下すると、逆流したい胃液を胃に戻すことが出来なくなってしまうことで、起こる病気です。

また、毎年の健康診断で胃カメラを飲んでピロリ菌がある人には注意が必要です。
このピロリ菌が胃炎や十二指腸潰瘍、胃潰瘍などの原因になるそうです。

そして、このピロリ菌を排除する治療を受けると、昔は逆流性食道炎にかかりやすくなると言われていました。
ですが、近年の研究で、ピロリ菌を除菌しても逆流性食道炎にかかるのは一時的なものだとわかって来ました。

ですから、ピロリ菌を除菌して、胃炎などを予防することも大切です。
一時的に逆流性食道炎になっても軽くすむので、すぐに逆流性食道炎の治療を受けるようにしましょう

また、胃の病気に関しては、日常生活のストレスと関係しているとよく言われています。
ストレスを感じやすいと思っている方は、定期的に胃の検査を受けることもおすすめです。

やはり早期発見が一番なのかもしれませんね!!
健康診断の時期ですね。
受けに行って来ます。(*^_^*)

最近の歯科ってすごい

最近歯医者さんに行ってきました(*^_^*)

引っ越した直後だったので、どこの歯科が良いかもわからず、土曜でもやっている中百舌鳥の歯科を探しました
完全予約制で土曜の予約を希望。
次の土曜は午前〜15時までは一杯と言われ、16時で予約を取りました。

そして当日。
中々広くて綺麗な歯科で、席は全部で7席。
パーティションで区切られています。
歯科の先生はホームページでは4人と書いてあったので、フル回転しているんでしょうね。
助手さんに案内されて待っていると先生が来ました。
痛い所を伝えると「わかりました。まずカルテを作らせてくださいね」と良い対応(*^_^*)
テキパキと調べてくれます。

「確かにここは虫歯になっていますね。
1本少し危ない歯がありますが歯磨きをすれば大丈夫でしょう」良かった。
一生懸命磨きます。

とは伝えませんでしたが、がんばろう!!

虫歯も幸い歯のてっぺんにあり、少し削って詰め物をするだけで大丈夫だそうです。
「今日全部やっちゃいましょう」と言われて、1日で出来る治療があるんだラッキーと喜んでいました。

ガガガと響く削り方でしたが、虫歯のためなら仕方ない。
でもそれほど痛くなく、結構短時間で削り終わります。
あんまり長いのは苦手なので良かった・・続いて被せ物を付けます。

ここで一番驚きました。
最近は奥歯より2つほど前の歯だとなんと、白くて目立たない被せ物が付けられるそうです。
もちろん保険適用です。

そんなものが開発されたのか!と驚きながらそれを選択します。
初めて治療する前の方の歯だったので、銀の詰め物が見えるのかなと心配していたんですが、良いものが出来たんですね。

結局1時間ほどで終了。
鏡で見ても被せ物をしているのかはパッと見はわかりません。
歯科はどんどん進歩していっているんですねぇ。
恥ずかしい銀にならなくて良かった(笑)

初めて行った歯医者さんで、こんなに良い歯科に行けたことに嬉しくなりました。
でも虫歯にならないのが一番でしたね・・(笑)
しっかり磨こう(*^_^*)(T_T)(^O^)/

精神面の不調

ここ数日は、私がパートで勤務している職場での大幅な配置換えがありました(´・ω・`)

仕事の形も以前のものとは少し変わっていて、どうしたらいいのかを、もう一度1から聞きなおすような状態でした(T_T)

それがどうも、思った以上のストレスだったみたいで、少し精神的に疲れが出てきています(-_-;)

illust3496thumb

私は昔、うつ病を患ったことがあるので、そのときと同じような状態になると、自分の中で分かるのですよね。

「これ以上は無理できない状態だな(´・ω・`)」というのが...

ですので、職場の方には申し訳ないのですが、上司に相談して、しばらくは残業無しの定時で帰らせていただくことにしました。
理解のある上司で良かったです(*^_^*)

帰宅後も、基本的には休むことを中心に考えようと思います。
また、元気が出たら少しずつ残業を始めていきたいと思います(T_T)(^O^)/

最近はニンテンドー3DSのバーチャルコンソールを使って、昔のファミコンゲームなどを購入しました。

帰宅後は休み中心ではありますが、少しずつこういうのもやってみようかと思います(*^_^*)

支援してくれる所を利用して

illust4238thumb

鍼灸院や整骨院の開業ということを考えると、色々な問題が生まれてくると思います(*_*;

本当に自分の力だけでやっていけるのかもそうですが、色々な設備を購入するためにサポートしてくれる方が必要となるのです(*^_^*)

こうした問題を解決するために利用するのが、開業を支援してくれる会社です。
利用することによって様々な問題を解決することが可能で、スムーズに開業が行えるようになります(^O^)/

開業支援の流れとしては、まず申込みを行って打ち合わせの作業をしていきます。
どのようなお店を作りたいのか、そして必要な設備はあるのかを確認していきます(^^)v

専任のコンサルタントがしっかりとサポートを行って、確実な開業を目指してくれるので安心です(^_-)-☆

またどのような方法で店を作っていけばいいのか分からない場合、全てを任せるという選択肢もあります。
開業支援ということが目的ですが、事実上開業するまでの悩みを任せてしまうという方法も使えるのです。

打ち合わせの結果によっては提案が大きく変わることもありますので、鍼灸院や整骨院の開業を目指す場合は色々な視点で考えていくことが必要となります。

勿論自分が納得してから施工という部分に入った方がいいでしょう。

施工をしてしまえば変更することは一切できなくなるので、後から変更したいと思っても難しいことが多いです(^_^;)

費用面でも結構厳しい状態になるのは間違いないため、出来る限り提案されている内容を見て判断し、駄目だと思ったら部分的に変更して貰った方がいいです(^^ゞ

こうして鍼灸院や整骨院の開業を支援してくれる所を利用すれば、それなりに簡単な開業が実現できます!!

費用面での負担はやや大きいものの、それ以外の部分ではサポートがしっかりしているので安心して開業まで持っていけるでしょう!!

施工終了後もコンサルやサポートという部分はしっかりと利用出来るので、何か困ったことがあればどんどん質問しても構いません。

1から行うよりも早い開業を実現できるのはいいと思います(^O^)/

逆流性食道炎と椎間板ヘルニアで思い出すこと(^^)

逆流性食道炎と椎間板ヘルニアと聞いて思い出すのは私の祖母と義弟のことです(^_^;)

私はそれまで逆流性食道炎と椎間板ヘルニアという病気すら知りませんでしたが、身近な人がその症状になることで知りました。

私の祖母は一昨年95歳で亡くなりました。
祖母はとても元気な人で、私はおばあちゃん子でいつも遊んでもらったり世話をしてもらっていました(*^_^*)

祖母は常に家の仕事をしたり庭いじりをしたりと健康そのものでした。
80歳の時には私の中学入学と同時だったので、
一緒に料理屋でお祝いしてもらったのをよく覚えています。

88歳の時にはちょうど私が20歳だったので、この時にも中華料理屋で一緒にお祝いしてもらいました。
私と祖母は性格が似ていたこともあってよく喧嘩もしましたが、大好きでした(*^_^*)

そんな祖母は89歳の時に脳梗塞で倒れてしまいました。

倒れてからは一命は取り留めたものの、左半身に麻痺が残り歩けなくなってしまいました。
さらに言葉も前よりはうまく話せなくなってしまい、私はショックで泣きました (T_T)

それでも祖母はしばらく元気でしたが、倒れてから3年後に逆流性食道炎になってしまい
物が食べられなくなってしまいました。
そこからはずっと入院になってしまったので、よくお見舞いに行きました(^^)

祖母が亡くなってしまい寂しいですが、私の結婚式に出てもらいひ孫の顔を見せてあげられたのは本当によかったと思います (*^_^*)

椎間板ヘルニアは昨年義弟がなってしまい、大騒ぎでした(@_@)

私は結婚してから夫の実家の隣に住んでいるので、半分同居のようなものです。
隣に住んでいるので、常にお互いの動向はわかります。

小学生の時から社会人になってもテニスをずっと続けている義弟はもとからヘルニアを患ったことがあるらしく、また椎間板ヘルニアになってしまい、症状が重いこともあり手術をしました。
その時は家族じゅうが大騒ぎになり、私もとても心配でしたが、手術はなんとか無事に終わって今は元気になったので本当に良かったです\(^o^)/