初めての相続手続きで行政書士の方にお世話になっています

20160803f
5月父を亡くしました。
幸い今まで遺産に関わる親族を亡くしたことがありませんでした。
特に入院中とはいえ、急変した末のことで何の準備もしておりませんでした。
あれよあれよと葬儀を終え、お寺からも葬儀社からも領収書はあとで必要になりますから言われ・・・初めて相続手続きが必要だ!と我に返りました。

慌てて経験者に相談したところ、自分でもやろうと思えば出来ないことはないけれどものすごく大変だから、普通は行政書士事務所にお願いするよ、と。
早々に行政書士事務所を紹介していただきました。

都内のオフィスビルのワンフロアにある事務所は、エントランスもおしゃれ。
不安でドキドキの私達に笑顔の女性が現れ、案内されて打合室へ。
対応していただいた行政書士の方からまずお悔みの言葉をいただきました。
やはりプロです。
これから何をいつまでにしなければならないか。
行政書士事務所で対応していただけること、相続人がしなければならないこと。
的確にわかりやすく、よどみなく説明していただけました。

いただいた資料は”相続税申告必要書類”。

1.財産関係 (土地・家屋・現金預貯金・ゴルフ会員権・書画、骨董類 等々)
2.債務関係 (借入金・未払い金・葬儀費用 等々)
3.身分関係 (遺言書・遺産分割協議書・被相続人の除籍謄本・各相続人の戸籍謄本、住民票、印鑑証明 等々)
4.その他  (親族関係図 等々)

リストになっているので、あるもの、ないものを上からチェックしていきました。
その上で、相続人が用意しなければならないものを指示されました。

行政書士事務所で用意出来る書類が多いことがわかりました。
行政書士や司法書士の権限で戸籍謄本や住民票がとれることを初めて知りました。
通常役所窓口で本人確認がないと取得出来ない書類も用意していただけるそうです。さすが国家資格と実感しました。

現況は必要書類を準備中です。
まだまだ今後も行政書士の方のお世話にならなければなりません。
しかし、順調に手続きは進んでいます。
行政書士事務所にすぐ相談して本当に良かったと思っています。

債務整理や相続などの手続きは、やはりプロの行政書士の先生にお任せするべきですね。

相手の喜ばないギフトはただの嫌がらせ

20160226a
結婚後、イベント毎にある両親への贈り物について悩んでいました。
我が家では、他の人の家に遊びに行く際は、必ず手土産を持っていく事、お世話になった人には必ずお礼をお返しする事、厳しく言われていたので、小学校の時から、友達の家に行く時は、必ず何かを持参していきました。
結婚してからは、各それぞれの両親の誕生日、それぞれの父の日、母の日、バレンタインデー、お中元、お歳暮は、いつもお世話になっているお礼に送るものだと教わりました。

先に結婚した妹は、全て言われた通り、時期になると手配していた事も、私自身が結婚した事で知りました。
仕事もしていて忙しいと言えば言い訳になりますが、毎月のように誰か用のギフトを考えるのが大変だな~と思っていた頃、義理の母から、『もう家族なんだから、こういうのはやめてほしい』と言われました。
以前から、家にお邪魔する際に持っていく手土産にも、『次はいらないからね』と毎回言われていたんですが、自分の母からはきつく言われており、実際に自分の実家に帰る時も、勿論何か持っていくため、片方だけ持っていく…なんて事に気が引けてしまいました。
母にその旨相談すると、『遠慮してくださってるに決まってるじゃない。渡してさえおけば、悪い気する人いないわよ』と言われ、確かに『いつも手ぶらだ』と思われるよりは、そっちの方がいいと思い、次回以降も、義理の両親に会う際は手土産を持っていく事にしました。

実際持っていくと、義理の母は私の紙袋を見つけるなり、『ちょっと!いらないって言ったでしょ!受け取らないからね!』と言われてしまったので、『手土産じゃないです、美味しいから私が食べたくて買ってきたんで、一緒に食べませんか?』という事にして、難を逃れました。
その後も、同様の方法で、手土産を持っていきましたが、結局、誕生日、お中元、お歳暮などイベントが続き、その度、手配して送っていたところ、とうとう旦那へ、『やめてほしい!て何度も言ってるのにやめてくれない。あんたからやめるように言って』と連絡が入ったらしく、旦那からも『もういいよ』と止められてしまいました。

細かい母からは、『向こうのご両親には何を送ったの?』『お歳暮は○日までよ』などと、ちょくちょく連絡がきます。
頭を悩ませていたので、自分の母と同年代の会社の先輩方に、事情を話して相談したところ、『今時、そんな事やってる人いないよ!』と驚かれました。
また、『私は、義理のお母さんの気持ちわかる』と、義理の母の意見に賛同する人がとても多かったんです。
『貰ったら何か返さなきゃいけない気がして気を遣う』『他人じゃないんだから必要ない』『一緒に食事した方がいい』『夫婦二人しかいないのにもらっても困るものもある』など、世間一般的には、お世話になっている人に贈って喜んでもらえると思っていたギフトが、意外とそうではない事を知って、ビックリしました。

『相手が喜ばないギフトはただの嫌がらせ』と言われたのが、一番の衝撃でした。
確かに望まないギフトをずっともらい続けるのは、苦痛かもしれないですね。
今後は、プレゼントの変わりに食事をご一緒したり、欲しいものを伺ってからのギフトを考えたいと思いました。

エアコンの工事のおじさん

618t

今も昔も実家には変わらず3台のエアコンがあります。
2階の弟達の部屋に1つ、私の部屋に1つ、そして、メインとして1番動いているのがリビングにあるエアコンです。

しかし、このリビングにあったエアコンの調子が突然悪くなりました。
何事かなと思って、色々調べたのですが、私達はプロではないのでわかりません。(-_-;)

ということで、エアコンの工事を頼むことになりました。
まずはエアコンの工事をする前にチェックをしてくれるということだったので、もし、エアコンの工事台の方が新品を買うよりも高い場合は、新品を買おうと言う風に母の中では決めていたようです。

いざ、エアコンの工事のおじさんが来る日です。
母は毎日仕事で朝から晩までいませんから、学生だった私がこういう時は全て対応していました。

このエアコンの工事の時もそうでした。
早速おじさんが、エアコンの色々なパーツを取り外しだしました。
私はそれに対してすごいなと思いながら見とれていたのですが、おじさんは一言言いました。

これ、ただすごい汚れてるだけだよ」と。
1番恥ずかしいパターンΣ(*゚Д`;)の展開です。

フィルターに埃が詰まり過ぎて、さらにそれがフィルター以外に行っていたようで、それを掃除すれば終わりとの事でした。

早速おじさんは、掃除をしてくれて、結局、エアコンの工事の必要もなく、何のお金を取られる事もなく済んだのですが、忙しいだろうに、おじさんに手間をかけてしまったなと、何となく申し訳ない気持ちになりました。||(´ω`;)||

http://www.aircon.in.net/hourei/index.html

ずっと3世代の我が家は博物館級!?

ただいま、3世代同居中!

私の実親、私達、そして子ども。
私が子どもの頃にも、父親の母親であるおばあちゃんが一緒に住んでいました。
だから、家も当然古くて大きいのです。
いや、不要としか思えない納屋や納戸がそこかしこにあるので、巨大!?
とにかく、(ーー;)物が多いことに違いありません。
大抵のものは家の何処かに存在します

この前は、子どもが学校でそろばんの授業があるというので準備に迫られました。
私は何でも100円均一で揃うと思い込んでいる世代なので、探す気は皆無。
でも、おばあちゃんは「どこかにあるはず」と記憶を辿っています。
そりゃあ、何処かにはあるでしょうが、あのものに溢れた中で探し物をするのは(>_<)気が進みません。
しかも、探すべきスペースはひとつではないのですから!

ところが、おばあちゃん。
記憶を辿って(@_@;)探し出してくれました。

しかも3つも。

ひとつはいつ、誰が使ったのか(?_?)不明な年代物のそろばんで、下の段に玉が5つもあります。

それと私の兄の名前が刻まれたもの

もうひとつは極小のプラスチックの玉を使っているもの

探せばあるもんです。

ところが、どれも使っていないのでホコリだらけだし、ちょっと壊れ気味。
おばあちゃんは「おやげない(可哀想)」と言って、孫をつれて買い物に出かけました。

古いそろばんは仕舞い込んで!
こうやって、また我が家に物が(^_^;)増えるのです。

断捨離という言葉はどこの世界の言葉なのでしょうか?
跡取りのはずの兄は嫁に嫌がられて、余所に家を建ててしまいました。

そりゃあ、こんなものに溢れた家じゃ嫌なのも納得。

全て私が(ーー;)受け継ぐ予定です。

 

バッテリー交換は早めに

自動車にはバッテリーが装着されていて、
エンジンを始動するときなどに使う重要な部品です。
このバッテリーは3年1度くらいの交換が必要な部品で、定期的な交換が必要ですが点検を(ーー;)怠ると、
バッテリーが上がってしまうことがあります。
またもともと電圧が低下していると、夏の暑い日や冬の寒い日にエンジンを始動しようとしてもエンジンが始動しなかったり
((+_+))トラブルが起こりますので、注意が必要です。

車のバッテリーの点検は半年に一度のディーラーでの点検でチェックしてくれますので、その時にすれば問題ないといわれています。
しかし「そろそろ交換が必要だ」とメカニックに指摘されても(ーー;)交換しない人も結構たくさんいて、出先でバッテリーが上がってしまいJAFなどを呼ぶ人も結構たくさんいるようです。

ですのでディーラーで指摘されたら早めに交換したほうが良いと思います。
バッテリーの交換はディーラーのほかカー用品店でもできます
一般的にディーラーよりもカー用品店の方が安く交換できますので、こちらがおススメです。
またディーラーでもバッテリーの交換キャンペーンを行うことがありますが、こういう時はむしろディーラーの方が安いことが多いのでセールスマンやメカニックに問い合わせるのもよいかもしれません。

そしてバッテリーはいろいろな種類があります。
バッテリーの液を注ぎ足すタイプや完全に密閉されているタイプ、国産メーカーの物やボッシュなど海外製品などです。
寿命は完全に密閉されているものの方が良いといわれていますが、こちらは高価なので基本的にはどれでもよいと思います。
でも輸入車は国産メーカーのものが合わず、海外製の物しか搭載できないことがありますので、こういう場合は在庫があるディーラーで交換するしかありません。

また最近はネット通販でもバッテリーをたくさん販売しています。
カー用品店などよりも(^^♪安く買えますが…粗悪品もありますのであまり(ーー;)おすすめできません。

断熱塗料の耐用年数と丈夫さについて

断熱塗料を選ぶとき、その耐用年数丈夫さというのは
非常に!(^^)!重要なファクターですね。
いくら美しくて断熱効果の高い塗料だったとしても、耐用年数が短くて(;一_一)ヒビが入りやすかったり、剥がれ落ちてしまいやすかったりしたら、それを選ぶにはちょっと勇気がいりますよね。
それだとまたすぐに塗り直しをしなければいけなくなってしまいますから、使い続けていくためのランニングコストがかかってしまってしょうがないです。
ですから、耐用年数や丈夫さというのは必ずしっかりと考えて選ばなければならないです。

ただ、その耐用年数丈夫さというのも、あくまで目安に過ぎないのも(^_^;)事実です。
断熱塗料を塗る場所によっては耐用年数が短くなる場合長くなる場合も(>_<)十分考えられます。
それは、(?_?)どんな使い方をするかによって若干の誤差があるということで、耐用年数が長く設定されているから絶対安心というわけではないです。

ですから、少しでも長く使い続けたいのならば、塗った後にきちんと手入れをしたほうが良いということになりますね。
それらが長持ちするように掃除をしたりなどしていれば、もしかしたらヒビ割れや剥がれ落ちたりするのを防ぐことが
できるかもしれないです。

せっかく断熱塗料や遮熱塗料を使用するならいつまでも使えるくらい長持ちさせたいと思うのが普通ですし、それを見すえて買ったほうが良いのは(^_^;)間違いありません。
また、メーカーによっても差がありますから、その点はしっかりと考慮して選ぶべきです。

オンライン英会話

ちょっと前にオンライン英会話のサイトに入会しました!
QQイングリッシュという会社です。
最近は転職のときもTOEICなど英語力をみられることが(^_^;)多いので、英会話教室に行こうと思ったのですが…
費用が高いし、曜日も固定されているため(>_<)通いにくいと感じたので、友人にすすめてもらったオンライン英会話に入会することにしました。
スカイプを使ってのレッスンということで、始めのうちは(>_<)慣れなかったのですが、徐々に(^^♪楽しくレッスンを受けられるようになりましたよ。

講師の方はフィリピン人なので、日本語が通じないのですが、なんだかんだ意思疎通できてます。
あと、明るい先生が多いのもいいですね。
気になるレッスン料ですが、30分マンツーマンのレッスンで250円です!
日本の英会話教室でマンツーマンとなると2000円以上はするんじゃないでしょうか・・・?
それに比べるとかなり安いです。
そして自分の好きな時間帯に受講できるのが嬉しいです。
当日にレッスンの2時間前に予約とかもできますしね。
QQイングリッシュでは、研修中の講師のレッスンは無料で受けられるというのも魅力です。
そのため月に8回くらいレッスンを受けてると思います。
だんだんと英語力が上がってきているのが実感できて、オンライン英会話に入会してほんと良かったです!

これからも続けて、TOEICスコア800を(*^^)v目指したいと思います!

english_kaiwa_woman

溜まりに溜まったゲームの買い取り

videogame_boy (1)

最近、溜まりに溜まっていたゲームなどのソフトの買取をしてもらうことにしました。
引っ越しをすることになり、荷物を少しでも(ーー;)少なくするためです。

でも学生時代から住んでいるマンションなので、このマンションに来てから買ったゲームは一度も売ったことがありません。
なので多分100本以上溜まっています。
持って行くことはさすがに(>_<)難しいのでネット宅配買い取りというサービスを使うことにしました。

これでソフトの買取をしてもらうと、まずダンボールを事前に届けてくれます。
そして梱包が出来たら希望日を連絡して引き取ってもらうという手順です。
本人確認のための免許証などのコピーと、振込先口座を書いた申込書を一緒に入れて送ります。

しかしこのダンボールに入れていく整理は相当((+_+))骨が折れます。
元々買い取り出来ないと書かれているものを送ってしまうと買い取り金額から減額されてしまうようなのです。
これはちょっと電話で聞かないと判断が(^_^;)難しいものがありました。
それ以外のものは売値が付かなくても破棄してくれるそうです。

そうして整理を続けていきます。
もうゲームと箱がバラバラになっているものもあります。
説明書もいたるところに散らかっています(笑)それを1つの箱に入れていくだけでも大変です。

あといろいろとゲームを見ていると、「もう一回やりたいなぁ」という誘惑にかられます(笑)
そういうソフトはまた別に集めて置いておくとか、自分でも無駄なことしているなぁと苦笑いです。

しかしそれほど懐かしいゲームが多いです。
たぶん売っても100円なんだろうなぁと思うゲームが半分くらいあります。
それならもう一回さわりをプレーして成仏させてあげようかなと(笑)
たぶん買い取っても誰にも売れないだろうなというものが多いので・・

そうして確認していきながら、もう一回プレーしたいゲームはもう(>_<)少し絞って10個ほど(それでも多い笑)
ちゃんと成仏させてあげて宅配しました。
査定自体は届いた日にすぐ行われるようです。
翌日中には結果がメールで来ました。
ソフトの買取価格は全93本で約21000円
古いゲームばっかりなので、(^_^;)妥当な所でしょうか。
これで引っ越し代の足しにはなります。

ようやく重い荷物が整理できたので引っ越しの準備を!(^^)!進めていきたいと思います。

木製の中古パレットは状態が重要

どの形態に限ってもそうですが、中古品というのは状態の見極めが非常に重要になってきますよね。
同じ中古品と言ってもその状態は(>_<)さまざまであり、その見極めを誤ってしまうといくら安くなっていたとしても、安物買いの銭失いになってしまう可能性がありますので、その点については十分注意していかなければならないです。
そのためには、ただ単に価格だけで購入の判断をするのではなく、それ以外の部分についてもきっちりと判断することが求められます。

たとえば、業者が木製の中古パレットを購入しようという場合にも、やはりその状態について深く考えることが求められます。
仕事にかかる経費を少しでも削減したいということを最上位に考えるならば「とにかく安い」というこを重点に考えるべきです。
しかし、その結果何か(+o+)トラブルに巻き込まれてしまったら、結局はその分を補てんするための経費がかかってしまうわけで、これこそまさに安物買いの銭失いの典型です。
ですから、そうした(>_<)失敗をしないようにきちんとした見極めが絶対必要になってくるのです。

木製の中古パレットを購入するときに大事なことは、やはりその耐久力がどうなっているのかということではないでしょうか。
新品のパレットならば心配する必要はないのですが、中古の場合ですとそこがどうしても(ーー;)気になってしまうはずです。

中古でパレットを購入するときはインターネット経由で購入することが多いでしょうから、それは写真を頼りに(?_?)判断していくより他ないです。
写真でもどのくらい古びているのかということはパッと見でわかりますし、その印象が(ーー;)良くなければ買わないほうが無難です。
そうして、さまざまなパレットを選定していけば、その中で1番状態の良いパレットを最終的には選ぶことができると思います。

そうして中古の木製パレットをきちんと選んでいけば仕事においてとても長く活躍してくれるでしょうし、状態のことを考えた購入をすることが何よりとても(*^_^*)大事なのです。

97_453ffbbdbb27dd

排水が必要無いメッキ装置のメリット

製品を作成している会社にとっては、メッキ装置は必要不可欠な事もあります。
防錆加工などを行うのであれば、やはりその装置は(>_<)必要になるでしょう。

ところがその装置には、実は(ーー;)デメリットも1つあります。
そこからが出てくる装置も珍しくないのです。

そもそも装置から水が出てくると、を(?_?)どのように処理するか」の問題が浮上するでしょう。
河川などに流すことができれば良いのですが、必ずしもそれができるとは(ーー;)限りません。
というのも一部の地域では、河川の汚染に対してかなり(>_<)神経質になっている事があるのです。
ですので一部地域では、「その装置を使うのが難しい」こともあります。
しかしそれでは、ちょっと困ってしまうでしょう。

そのような時には、が出ない装置を利用するのも一法です。
あるメッキ装置の会社では、そのような装置をリリースしているのです。

上記のような悩みをお持ちの法人はとても多かったらしく、その会社では水を出さないような装置を色々と開発したようなのですね。
その結果、排水が不要な製品が(*^^)v誕生したのだそうです。
もちろんそれを用いれば、の規制を受けることもありません。

ですのでが心配なのであれば、排水が必要ないタイプの装置を選ぶと(*^^)v良いでしょう。

kawa